Thursday, July 15, 2010

Unlocked iPhone likely coming to Docomo next April, via Hong Kong

Some quick quotes from NTT Docomo's CEO, who gave the keynote speech yesterday at the Wireless 2010 exposition, during which he expressed optimism for SIM unlocking from the next fiscal year. From the Nikkei:
「11年4月以降に発売される端末にSIMロック解除機能を搭載していく。いまの端末は解除できないが、導入以後はドコモショップに来てもらえれば対応する。」

From April 2011, we will include unlocked handsets in our lineup. While we will not be able to unlock current handsets, any Docomo shop will have unlocked phones.
He also went on to confirm that the current generation of smartphones will not be unlocked by Docomo, but that users would have to wait for the next generation to go on sale from April.
スマートフォンであっても、同じ来年4月以降の導入を考えている。(ドコモの人気スマートフォン「Xperia」の場合は)来年4月以降に発売されるかもしれない後継機種からになる。現行機種をSIMロック解除対応にするには、ユーザーから端末を預かる必要などがあり、不便をかけることになってしまう」
As of now, he is thinking to offer the same service plans for any phone brought to Docomo from another carrier.
他社ユーザーがSIMロックを解除した端末のままNTTドコモと契約することも可能になる。ではそのとき、NTTドコモはどんな料金プランを用意するのか。「それに関してはまだ詰め切れておらず、これから考えないといけない。ただ、基本的にはいまの料金プランが適用されるようにしていきたい」と山田社長は語る。他社のスマートフォンでも、NTTドコモと契約すれば、同社の「パケ・ホーダイダブル」のスマートフォン定額である5985円が適用される、というのがユーザーとしては望ましいだろう
And finally, something concrete on overseas smartphones:
海外製の「SIMフリースマートフォン」への対応も気になるところだ。海外では日本では販売されていない魅力的なスマートフォンがいくつも販売されている。それらを何らかの手段で購入し、NTTドコモのネットワークで使うことも可能になるのか。この疑問に対し、山田社長は「技適マークがどうなっているか次第。それもこれから詰めていくことになる」と語る。

Also of interest is whether overseas smartphones will be supported. There are a number of appealing handsets not available in Japan. In response to the question whether these will be useable on Docomo's network "will depend on if they are certified for use in Japan."
Few overseas phones bear the certification seal. However, since April 28 of this year, the MIC has stated that "the mark only needs to be displayed on the screen [as opposed to being physically present on the handset]." The unlocked Hong Kong version of the iPhone does not currently physically bear the mark but does display it under the "certification" information setting.
香港などで売られているSIMロックフリー版のiPhoneは、本体背面に技適マークがないが、設定画面のなかに「認証」という項目があり、そこを開くと技適マークを表示できるようになっている。これまでは本体の外側に技適マークが見えるように刻印する必要があったが、10年4月28日に総務省が「技適マークをディスプレーに表示できれば問題ない」とする改正省令を施行。これにより、香港版SIMロックフリーiPhoneを日本で使用しても法的に問題がなくなった。来年4月以降は、香港版iPhoneをNTTドコモのネットワークにつなぎ、ドコモのスマートフォンとほぼ同等の料金で使うことが可能になるもしれない。
So there you have it Big Al, the reason I kept saying to wait to buy that HTC Desire in Germany until you knew for sure if/when it could be used on Docomo and under what conditions.

Maybe the first Android app I write will be one that displays the Japanese wireless certification mark ;-)

2 comments:

  1. Will it do as JPG background as well :D?

    ReplyDelete
  2. I suppose the device must have gone through some actual testing to receive certification though right? Is there any way of finding out which Android phones actually are certified for use in Japan? Might be time to start a Wiki or something. ^^

    ReplyDelete